最新情報

2015-08-31
借金返済に関しての過払い金はまるっきしないのか

借金返済に関しての過払い金はまるっきしないのか

弁護士にすべてを任せて債務整理を行ないますと、事故情報という形で信用情報に5年間登録されることになり、ローン、はたまたキャッシングなどは大抵審査にパスしないというのが実際のところなのです。 借金返済に関しての過払い金はまるっきしないのか?自己破産が取るべき手段として一番なのかなど、あなたの実情を...

貸したことは必ず思いだすはずに決まってる

お金を貸した話なんですが、私は現在49歳です。貸した話は今から30年前のことですそうです、社会人になりたての頃、同級生に1万円かしました。「必ずかえすから」といって、30年以上経ちました。1万はバブルのころでもあり、友人も仲良かったんで貸しました。その後は消息も分からず、連絡もありません。近県に...

会社の後輩にお金を貸したら返ってこなかった

 以前勤めていた会社の後輩に「絶対後で返しますから、お金を貸して下さい!」が口癖の若い男性がいました。その後輩はいかにも現代の若者っぽい男性で、ハッキリ言えばチャラチャラした雰囲気を持っていました。  ですから私としてはあまりお金を貸したくなかったのですが、懇願されれば断れないので何度かお金を貸...

免責の年数が7年オーバーでなければ

どうしたって債務整理をする気にならないとしても、それは避けて通れないことです。 けれども、債務整理は借金問題を片付けるうえで、これ以上ないほどおすすめの方法だと思います。債務整理に関した質問の中で目立っているのが、「債務整理を終えた後、クレジットカードの保有はできるのか?住宅ローンを組むことは可...

金融業者側は

借金返済の可能性がない状況だとか、金融会社からの催促が厳しくて、自己破産して楽になりたいと思うなら、直ぐに法律事務所を訪問した方がいいと思います。 過払い金返還請求に踏み切ることで、返済額が減額されたり、現金が返戻される可能性があります。 過払い金が実際的に戻されるのか、このタイミングで検証して...

この10年間で

この10年間で、消費者金融もしくはカードローンで借り入れ経験がある人・いまだに返済を完了していない人は、利息の上限を無視した利息とされる過払い金が存在することもあるので、調査すべきです。 当然と言えば当然ですが、債務整理を完了した後は、様々なデメリットが待ち受けていますが、最も厳しいのは、一定期間...

お財布を拾って交番に届けてきました。

先週、子供と一緒に歩いてる時に、お財布が落ちてるのを見つけました。 落ちてるお財布を見つけると、一番最初に頭をよぎるのが、そのままスルーするか交番に行くかです。 そのままスルーして変な人に拾われたら、と考えいつも交番に届けるのですが…その段階で心配なのが、私が拾う以前に誰かが見つけて、中身だけを盗...


サブコンテンツ

このページの先頭へ